QLOOKアクセス解析

たまキヨ

バイクの“たま号”と私“キヨ”のたのしいまいにち。たまにフテ腐れますが、基本ゴキゲン。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2014台湾旅行記 ③商売繁盛の神様の巻

さてはて久々に取り掛かりました台湾旅行記。

台湾旅行記で検索した人が多くこのブログを訪れているようですので今まで以上に写真たっぷりでお送りします。

前回までの様子はコチラ旅行記① 



さてはて2日目。

2日目は旅行会社が朝からツアーであちこちに連れて行ってくれます。

バスに座っていればいいだけだから楽ちーん♪

まず向かった先は行天宮です。







オフィス街の真ん中にどーんとありました。







どどーん。





さて、行天宮とは台湾で一番人気と言っても過言ではないお寺。

人気の一番の理由として、このお寺の御本尊が商売の神様である「關聖帝君」である事だそうです。

(關聖帝君とは、三国志に出てくる関羽雲張)

商売熱心な台湾人が足しげく通うお寺です。







朝も早かったのですが沢山の人が参拝に訪れていました。

私達観光客よりも地元の人達が多かったように思います。



参拝方法はちょっと複雑。

以下旅々台北のサイトからコピペ



行天宮の参拝方法ですが、先ずは前殿左右の扉から入場。

正面の大扉は特別な行事を除き、普段は堅く閉ざされているのです。

入場したら、青い法衣を着たボランティアの女性からお線香を一束いただきましょう。

お線香に火をつけ、先ずは境内後方の香炉に線香をお供え。

女性は右手、男性は左手でお線香を供える のがマナーです。

次に 正面中央の「關聖帝君」を含む5人の神様「五聖恩主」、右側の「關聖太子平」、最後に左側の「周恩師倉」の順番でお線香を供え、お参りします。

この順番を間違えないように、ご注意を!




というワケで現地のおばちゃんにアンタ達こうするのよ!!と教えてもらいながらお線香を持ってウロチョロ参拝。

なかなかややこしくて難しいですがその分御利益もありそう!







長机の上に置かれているのはお供え物。

お肉や魚はNGで、お菓子や飲み物やフルーツが多かったです。

さて、このお供え物、台湾ではお祈りが終わったら持って来たものは全て持ち帰ります。

持って来た事によりお供え物にパワーが付いて、それを食べる事で自分の中に神様の力を取り入れる、という考えだそうです。

なので皆さん自分の食べたい物を持ってくるそうですよー★

日本人の私からすると、ちょっとビックリな風習!







色とりどりの沢山のお供え物。







この見慣れないフルーツは『レンブ』というそうです。

屋台で味見をしたのですが、ナシとリンゴの合いの子のような味と食感!

シャリシャリで甘酸っぱいです。







今日も投げます。

これについては前回の龍山寺日記参照。







投げすぎました…。







ここはお供え物のフルーツ等を洗う場所です。

お供え物は上にある赤いトレイに乗せます。



ガイドさんが

「最後に必ずお水を飲んで下さい。このお水は神様のお水で、神様の力を身体に取り込みます」

と言っていたのでお水を飲みにGOGO!







…って、な、何だかハイテクなのね…。







使い捨ての紙コップも機会の横にあったので、これで頂きます。

何て書いてあるのかなー?







お味は、うん、お水です。

ありがたーいお水だそうなので心して飲みます。ゴクゴク。







というワケで、お水も飲んだし、今日も1日台湾で遊びまくるぞー!

2日目のはじまりはじまり~!


スポンサーサイト

| 未分類 | 23:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yukakiyo.blog.fc2.com/tb.php/124-0c64325e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。