QLOOKアクセス解析

たまキヨ

バイクの“たま号”と私“キヨ”のたのしいまいにち。たまにフテ腐れますが、基本ゴキゲン。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

山陰海岸ジオパークツーリング【前編】姫路~白兎神社~鳥取砂丘~かろいち

前回の記事でもお知らせしたように、行って参りました山陰海岸ジオパーク女子旅モニターツアー。

先に台湾旅行記を書き上げてから…と思っていたのですが、1つ書くのに3,4時間かかる為先にこちらから。

その前に、ジオパークとは何ぞや?のご説明から…



ジオパーク(英: geopark)とは、地球科学的に見て重要な自然の遺産を含む、自然に親しむための公園。地球科学的に見て重要な特徴を複数有するだけでなく、その他の自然遺産や文化遺産を有する地域が、それらの様々な遺産を有機的に結びつけて保全や教育、ツーリズムに利用しながら地域の持続的な経済発展を目指す仕組み。

だそうです。(wikipediaより)

ちなみに現在日本では洞爺湖有珠山、糸魚川、山陰海岸、島原半島、室戸、隠岐の6ヶ所が世界ジオパークネットワークに加盟認定されています。

今回はその中の1つ、山陰海岸ジオパークをバイクでブーンとツーリングして参りましたよー!

写真も内容も盛りだくさんの為、前編・中編・後編の三部作でお送りしたいと思います。

ではでははじまりはじまり~





【1日目】

前日に神戸入りし、朝から張り切って姫路へ。

ライコランド姫路店さんの2Fにある、ベストBike姫路店さんに今回バイクをお借りする事になりました。

日本全国、バイクで走りたい場所は沢山あるけど、そこまでバイクを持って行くのが大変…頑張って乗って行ってもその時点でクタクタで現地で楽しめない…なーんて事が多々あるのですが、レンタルバイクなら現地まで公共の交通機関や車でピューっと行って、そこで借りるから楽チン!

私もよく利用します。とってもオススメ。







今回お借りしたのはYAMAHA FZ150です。

逆輸入車のこのバイク、日本ではとっても珍しい!初めて見ましたー!







そして今回の旅の相棒は仲良しのりっちゃんです。

女性2人でガールズツーリングへレッツゴー♪



姫路から北上し向かうは鳥取県。

無料の鳥取道は車も少なくて快適!







鳥取道の途中、道の駅あわくランドへ寄り道。

無料道だから途中で降りて寄り道もし放題です。

ここでお昼ご飯をいっただっきまーす♪アユの塩焼きダイスキ。







姫路から約2時間で鳥取県に到着。

まず向かったのは白兎神社。

白兎神社は神話「因幡の白うさぎ」の舞台であり、古事記や日本書記に記される由緒明らかな神社だそうです。

神話に登場する大国主と八上姫の縁結びの神様といわれている白うさぎ。最近では、日本で初めてのラブストーリーの発祥地「白兎」として、2010年に「恋人の聖地」に認定されている、縁結びのパワースポットなんですよー♥







さすが鳥取県、砂像です。

大国主と八上姫のラブなシーンでしょうか♥

そして境内のあちこちに可愛いうさぎさんの像が。







沼?ではなくて御身洗(みたらし)池です。

神話・因幡の白うさぎで、うさぎが傷口を洗い、治療したといわれる池で、季節を問わず水位が一定のため、不減不増の池といわれているそうです。







本殿です。

ここで旅の安全を祈祈祈…。







社務所で『結び石』をいただきました。







中身はこんな感じ。

5つのご縁(良縁・子宝・繁盛・飛躍・健康)の白い石が入っています。この石に願いをかけて、神社の鳥居の上にぽーんと投げて乗せます。

一度で乗れば願いが叶うかも!?だそうです。

境内のうさぎさん像にやたら乗ってた白い石はこれか~!







こんなの簡単に乗るもんね、と挑戦したキヨとりっちゃんなのですが、これが本当に難しい!

1度で乗るどころか何度も何度も失敗してキーとかギャーとか言いながらポイポイ放りまくって何とか2人とも鳥居の上に乗せる事に成功!ヤッター!

残りの3つは持って帰って来ました。







白兎神社のすぐそばに『道の駅 神話の里しろうさぎ』があったので休憩。

ん?何ぞこれ?と見たら起請文(きしょうもん)というモノだそう。

兎さんに永遠の愛を誓うべく、3枚1組の起請文を買い、それを持って白兎神社に行き、神社で同じ約束ごとを誓う2人の名前を記入。1枚は神社の賽銭箱へ、2枚はそれぞれが持ち帰り大切に保管するんですってー!キャー







こちら『いなバニー』ちゃん。

優しく撫でると恋愛運アップの御利益が…♥と書いてあったのでナデナデナデ。







そしてこちらは道の駅の名誉駅長である命(みこと)駅長の駅長室。







もしもーし、と覗いたら、命駅長の可愛いおしりだけ見えました。







喉が渇いたのでジュースを購入。

鳥取だからナシジュース。安易なワタシ。

『とっとりなしおドットのむ』280円です。お味は

キ「ん?りんご?」

り「そんなワケないじゃん。ナシだよ。どれどれ(ゴクゴク)…りんご?」

だがしかし、ナシだそうです。



白兎神社を後にして、次に向かった先は…







鳥取砂丘です!うわーい!







本当にここは日本なのかしら…と錯覚するほど見渡す限りの茶色い景色。

人が…人が小さい…。

なんたるスケールの大きさでしょう。







パンダもいました。







り「うぅ…足が砂に取られる…」

ひぃひぃ言いながら高台になっている『馬の背』へ向かいます。







りっちゃん、死亡。

砂漠で行き倒れになってしまいました…合掌。







馬の背の麓。

キ「…これ、登れるの?」

り「みんな登ってるね…」

キ「うぅ…頑張って登ろう…」







死にそうになりながらも何とか登り切りました!

写真ではイマイチ高さが伝わらず残念…







馬の背のてっぺんから見える景色。

目の前は海でした。夕日が沈む所を見たかったのですが、曇天のため見れず。



ひぃひぃゼイゼイ言いながら砂丘を脱出し、飲んだジュースの美味しいことと言ったらもう…

夕方に行ったというのに汗だくのボロボロになりました。大自然恐るべし。







お次に向かったのは砂丘のすぐ近くにある『砂の美術館

り「観光地にありがちなガッカリスポットじゃないの~?」

キ「アハハ。そうかもー!」

なーんて言っていたのですが







り・キ「!?!?!?!?」







いい意味で予想を裏切られました…

す、すごい!







世界のサンドアーティストが手掛けた砂の彫刻はそれはそれは素晴らしくてしばし見惚れる2人。







その時々によってテーマは変わるそうで、今回はロシアでした。

前回はエジプトだったそう。

砂で世界旅行、がコンセプトなんですって!



砂丘でたっぷり遊んだら日もとっぷり暮れてお腹が空きました。

鳥取砂丘からバイクでブーンと約10分。

鳥取港海鮮市場『かろいち』にて夕飯です。

このかろいち、

鳥取・賀露港から揚がったばかりのとれたての海産物を取り揃え、農産物の直売所やお 土産処もあり、鳥取市の台所ともいえます。 鮮魚店では、その場で選んだ鮮魚の地方 発送も可能です。

(かろいちHPより)

だそうで、市場が開いてる時に来たかったなー!

公式HPはコチラ

本日の夕食はかろいち内にある『賀露幸』にて。







どーん!

海鮮丼1,093円です。

その日の朝に水揚げされた新鮮な魚介類がドーンと乗った海鮮丼、美味しくないワケがない!

あっという間に平らげて、鳥取駅近くのビジネスホテルで今日は宿泊。

明日もたっぷり遊ぶぞぅー!





≪1日目のルート≫



総距離:172.5km





スポンサーサイト

| バイク | 02:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yukakiyo.blog.fc2.com/tb.php/140-6e1cf92a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。