QLOOKアクセス解析

たまキヨ

バイクの“たま号”と私“キヨ”のたのしいまいにち。たまにフテ腐れますが、基本ゴキゲン。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2013 阿蘇・高千穂旅行 ④高千穂前編

7月20日(土)



南阿蘇を出て一路東へ。

宮崎県高千穂町へ向かいます。

県を跨ぐので大移動!な感じもしますがどっちも県境にほど近いので移動時間は約1時間~1時間半ってとこです。



カンカン照りの真昼間、ドライブドライブ~♪と最初は2人ともウキウキだったのですが冷房最強を上回る太陽光線で車内で蒸し焼き状態・・・。

これはイカン・・と思っていたら『トンネルの駅』という場所を発見!







うぉー!滝だー!



このトンネルの駅、というのは九州では定番の焼酎『くろうま』を製造している神楽酒造が経営している施設だそうです。

公式HP









旧国鉄の高千穂新線のトンネル(葛原トンネル(くずはらとんねる))を利用して、焼酎の貯蔵庫にしています。







ずらーり。

約5000樽もの焼酎が眠っています。

トンネル内は年間を通して17℃!

蒸し焼き寸前だったので、楽園です・・・!!







敷地内にはSLもありますよ。







使っていない電車を休憩所として開放してくれています。







中はクーラーが入ってるので休憩。

シートに座って電車旅行気分・・。







遅めのランチは道の駅高千穂で。

ガブリ!食べられましたー







YJは宮崎名物チキン南蛮!







暑さでバッテバテな私キヨは食欲0にてマンゴーソフト。

サッパリだけど果汁は濃厚で美味しい!





さて、ここで高千穂について少しご説明をば。

高千穂は神話と伝説の町。

高千穂の観光サイトにはこう書いてあります。



~天孫降臨~ 高千穂

天上界を治めていた天照大御神(アマテラスオオミカミ)は地上の国治が乱れている事を知り、孫にあたる迩迩芸命(ニニギノミコト)を地上にお降ろしになる。(天孫降臨)

迩迩芸命(ニニギノミコト)は多くの神を従え地上、日向、くしふるの峰へ降り立ちますが、そこは深く雲がたちこめ、昼とも、夜ともわかないほど暗く、道も見えないありさまでした。

そこへ2人の里人が現れ、「御手で千の稲穂を抜いてモミにし、四方に投げ散らせば、きっと闇が晴れるでしょう。」と申し上げた。

迩迩芸命(ニニギノミコト)がそのようにモミを撒き散らすと たちまち辺りの闇は解け、晴れ渡ったという。

やがてこの地は、迩迩芸命(ニニギノミコト)の言い伝えにより「智穂(千穂)」となずけられ、そして高千穂と呼ばれるようになったという。




ん?ん?ん?

アンポンタンな私にはよくわかりませんがとにかく神話の町なのです!



日本神話の中でも有名な、天岩戸のお話の舞台ですね。

そのお話も少しだけ。

O型の私がザックリご説明



乱暴者のスサノオに怒っちゃった天照大神は岩戸に閉じこもってしまいました。

太陽の神様である天照大神が岩戸に閉じこもってしまってので世界は真っ暗闇!

困った神様たちは天安河原で相談をします。

さて会議終了、神様達は岩戸の前で宴会を始めました。

アマノウズメという芸達者な神様が歌って踊って大盛り上がり。

天照大神が気になってチラリ、と覗いたところを力持ちの神様アマノタヂカラオノミコトが岩戸をぶん投げ、天照大神を引きずり出し、世界にはまた光が戻りました。



というお話。

詳しくはコチラ







というワケで天岩戸神社にやって来ました。

ここは社務所で申し込みをすると実際の天岩戸の場所まで連れて行ってくれるのです。

そりゃ行かない手はない、と申し込み、神主さんに連れられて天岩戸へ。

聖域なので撮影厳禁だと言われ、カメラは鞄の中へ。

山の中腹にあるそれを、遠くから眺める感じでした。

神主さんの説明をフムフムと聞き、参拝。



神話に出てきた天安河原が徒歩圏内にあるので、トコトコ向かいます。







森の中を歩きます。

清流が流れてて気持ちいい!







この太鼓橋、スピリチュアルカウンセラーの江原さんによると圧倒的なパワースポットだそうです。

パワースポットねぇ・・とあんまりそういうモノを信じていない私は半信半疑の気持ちでいっぱい。

しかしながらここ、東国原元県知事が国会議員と宮崎県知事、どちらに出馬するか迷っていた時にこの橋で

「帰って来なさい。あなたがやりなさい」

という神の声を聞いた場所だそうです。ほほぅ。







ここが神話に出てきた神様会議の場所の天安河原。

洞窟の中に祠があります。







ここの河原、ちょっと異様な光景が目に飛び込んできます。

あっちにもこっちにも詰まれた石。







どれもこれもピンボケしてたので高千穂のサイトから拝借しましたが、辺り一面石が積まれています。

石を積んで願いをかけると叶うそうで、辺り一面石の塔だらけ。

ちょっと怖い。







こーんなに器用に詰まれた石もありました。







何せ皆積んでいくものだから石を探すのにも一苦労。

何とか見つけて私も詰んで、願掛け願掛け。



異様な光景に圧倒されながら天岩戸神社に戻り、幼馴染のRちゃんと自分用にお守りを頂きました。







そういえば写真ない・・・と慌てて携帯で撮ったキタナイ写真・・。

私は紫色。

Rちゃんには色違いで緑色を郵送しました。

最近ツイてないって言ってたから、御利益がありますよーに!



そして神社といったら恒例おみくじ対決!

キヨ「買ったほうがジュースオゴリね!」

YJ「ジュースぐらい買ってあげるよ」

キヨ「~!!!そんなんじゃないの!!!」

じゃあいきますよ~、せーの!







じゃん!

キヨ「大吉!」

YJ「末吉・・!!」



キャッホー!こんなありがたい場所で大吉なんて縁起がいいやね!

ちなみにYJのおみくじには

「小舟が嵐に遭う様に思いがけず災起こる」

なーんて恐ろしい事が書いてありました。

私は

「春の盛りの楽しい様に上吉に向かいます」

ですって!オーホホホ!!



ふて腐れるYJとご機嫌なキヨは神社を後にして本日の宿泊地に向かいます。

私の中で、今回の旅の一番の目的のその宿泊地とは・・・!?



≪高千穂後編へ続く≫







スポンサーサイト

| 未分類 | 19:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yukakiyo.blog.fc2.com/tb.php/52-af65fe18

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。