QLOOKアクセス解析

たまキヨ

バイクの“たま号”と私“キヨ”のたのしいまいにち。たまにフテ腐れますが、基本ゴキゲン。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

宝探し。

フラリと海にやって来ました。







九州の海の美しさはやっぱり格別です。







離島でもないのにこの青!透明感!







岩がゴツゴツのところまでえっちらおっちら歩いて行って、岩陰に座り、持ってきたサンドイッチをパクリ!

ちょっと無人島探検の気分です。







さて、今日は何をしに来たかというと、海岸でビーチコーミングをしに来たのです。

ビーチコーミングとは『浜辺で貝殻などさまざまな漂着物を拾い集めて観察しながら散策すること』なのです。

どれどれ、と浜辺を歩いてみると、外国の洗剤容器、貝殻、海藻、流木、陶器のかけら、ヤシの実などなど何だか面白いものが沢山落ちています!(写真撮っておけばよかったー・・)







あっ!みっけ!

今日のお目当てはコレ。真ん中にある水色のまるい石。

これは『シーグラス』っていうんです。

シーグラスとはお酒の瓶やジュースの瓶、その他ガラス製品が海の中で割れ、波や岩に揉まれながら小さく丸くなり、研磨され、曇りガラスのような風合いになったモノです。

別名『人魚の涙』



はい、ここでちょっとお勉強。

以下wikipediaより



シーグラスの色は、その元となったガラスの色に依存する。

従って多く使われる色のガラスは、シーグラスとしても頻繁に見られる。

例えば飲料の容器として利用される緑、透明、茶色などである。

これらに次いでは水色、黄色、ピンクなどが多い。

珍しい色は灰色、紫、赤、黒である。

赤はおよそ 5,000 個に1個、最も稀なオレンジは 10,000 個に1個程度の割合である。

黒のシーグラスは1860年代以前のガラス、正確には暗いオリーブグリーンのガラスに由来するものが多い。

またオーストラリアの海岸で発見される黒のシーグラスは、1940年代のビール瓶のものである。

このシーグラスの希少性は、ビンの生産時にガラスと共に(色付けのために)成分不明の物質が使われた事による。




だそうです。

ふむふむ・・・これを知らずに拾ったので次は希少性の高いモノを探すぞう!







砂浜でキラキラ光るシーグラスはまるで宝石のようです。







30分間ウロウロウロ~っと探してこれだけ採れましたー!

水色、緑、白の3色。







水色は水色でも微妙に色が違います。

このシーグラス達は昔はどんな姿だったのかな?

どこの国でどんな人の手にあった物だったのかな?







シーグラスを使った色んな工作も出来ます。

アクセサリーはイマイチなので、ランプシェードを作りたい!

柔らかな光がとってもかわいーい!







砂浜に残る私のウロチョロ痕。

浜辺を歩いているとついつい「あしーたー はーまべーをー さまーあーよーえーばー♪」と口ずさんでしまいます。







おや?これは何のあしあとかな?





前々から存在は知っていたけど未経験だったビーチコーミングとシーグラス、今回初体験!

日本全国各地の海岸にシーグラスは落ちているので海に行った時には是非探してみて下さいね。

私も今度から集めちゃおうっと♪







人魚の涙、は小ビンに閉じ込めました。

ランプシェードが作れるくらいまで集まるのはいつになるかなー?


スポンサーサイト

| 未分類 | 22:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yukakiyo.blog.fc2.com/tb.php/86-a4d062c6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。